栄養/健康
■コレストロールについての誤解
最近、レストランや飲み屋さんでよく耳にするのは「コレストロールが高いからコレは食べないようにしてるんだあ」などというつぶやき。でもね、冷静に調べてみるとコレストロール摂取に関する一般情報には勘違いするようなことが多い気がするんだよね。血液中のコレステロールが多くなると動脈硬化の危険性が高まるのは事実だと思う。でも、食事を変えればコレストロール値が急に下げられるかと言えば「No」。コレステロールが多く含まれる鶏卵や魚の卵、肉類などを減らしても、なかなかコレステロール値は下がらないもの。というのも、血液中のコレステロールのうち、食事によるものは全体の20%ほどであり、残りの80%ほどは肝臓で合成されているからなのです。

肝臓が正常に働いていれば、食事で摂るコレステロールの量が増えると、肝臓で合成される量は減っていってコレステロール値が調整されます。この調整能力を超えるほどコレステロールが多く含まれる食品を摂った場合には血液中のコレステロール量も増えるようになりますが、余ったエネルギーはコレステロールの材料となるだけに、全体の食事量を減らすことがコレステロールを下げる結果になります。つまり、コレステロール値はコレステロールが多い食品に気を使うことよりも、全体のエネルギー量を減らすように気づかうことが重要だということなのです。

 それにも関わらず、いまだにコレステロール値が高い人は鶏卵を食べないほうがいいという人がいます。鶏卵に含まれるコレステロール量は100gあたり420mgもあるので、1つ食べただけでもオーバーしてしまうようにも感じます。しかし、血液中のコレステロールのうち食事によるものは20%でしかないうえに、そもそもコレステロールの収集率は半分ほどとされているので、鶏卵を食べたからといって総コレステロール値が大きく上がることもなく、逆に鶏卵を食べないようにしたからといって大きく下がることもないのです。

 鶏卵がコレステロール値を上昇させるというのは、以前にロシアで行われたウサギに鶏卵を食べさせる実験で得られた結果です。ウサギは草食で、鶏卵など食べないので、それを与えることで総コレステロール値が一気に上昇してしまったのです。これと同じことが人間でも起こるということではないのです。どんな方法によって得られた結果なのかを見ておかないと、間違いを鵜呑みにすることになるという悪い証拠ともされていえます。

70歳以上の調査では、心臓や脳の疾患を抱えていない人の場合には総コレステロール値が高い人のほうが死亡率が低く、女性の場合には40代後半以降では総コレステロール値が高いグループのほうが長生きだという結果が得られています。